読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国元気塾 塾長のブログ

自律神経失調症を克服するまでの軌跡をお伝えします。

身体からのアラートを検知し、勇気を持ってストップすることができるか。

メンタル不調になる前(元気なときは)は、PMOとして、プロジェクトの管理業務を規定し、タスクを切り、各種台帳を作成の上、各種ステークホルダーと日々忙しく、調整しまくっていた。忙しいが、とてもやりがいがあった。


自律神経失調症になってから、身体に不調をきたし、現在に至るが、あの頃の頭の回転や集中力が著しく落ちている。

一方、そんな自分を客観視し、素直に身体からの不調のアラートをいち早く検知し、
業務調整ができるようになった。

今はこれを続けるしかない。僕の頭の回転や集中力は戻るのかどうか分からない。
回転力の低さや集中力が悪いなりに、パフォーマンスが出せる働き方をしていきたいと
思います。

パフォーマンスの戻し方なり、悪いなりにパフォーマンスを出す働き方について、ご意見いただけないでしょうか。