全国元気塾 塾長のブログ

自律神経失調症を克服するまでの軌跡をお伝えします。

メンタル不調と引きこもりからの脱出は自己開示力と受容力

先日社内SNSのトピックが炎上したとの投稿をしましたが、管理者側として配慮不足であったと猛省しました。

 

我々不調者は症状と性格により、外部環境からの影響にとても敏感であり、悲しきかなすぐに感情的になってしまいます。感情的になると、心身ともに疲弊し、自暴自棄、引きこもりといったことになることが多いです。そしてこの一連のルーティンを何度も繰り返します。

 

 

一方、このルーティンを通じて、自己成長するかさらに症状が悪化するかに分かれると思います。前者は一歩ずつ症状が回復していくし、人生が豊かになっていきます。一方、後者は、どんどん症状が悪化し、引きこもり度も強くなっていきます。

 


回復する人と悪化する人で何が違うのでしょうか。自己開示力と受容力の違いだと思います。病気でこの力は衰えているかも知れませんが、自分で治すしかありません。決して医者や薬は治してくれません。一方、世の中、正直、弱者に厳しいと思います。私自身も何度も失敗しました。でも大丈夫です。私にはノウハウがあります。一緒に元気になりましょう。

 


なお、以下記事を掲載しますが、日本の15歳~39歳のうち70万人(人口の1%)が引きこもりです。悩んでいないで、一緒に進みましょう。気になったら遠慮なくBlogなりFacebookなりtwitterに連絡ください。力になれると思います。私もそうですが、仲間はたくさんいます。大丈夫です。一緒に元気になりましょう。

 

www.withdrawalcause.com