全国元気塾 塾長のブログ

自律神経失調症を克服するまでの軌跡をお伝えします。

彼を知り己を知れば百戦殆からず(メンタルヘルス不調者版)

孫子の名言からの引用です。不調を治癒させるためにとても重要であり、最大の課題だと思います。

たとえば私の場合、彼とは以下のような外部環境と解釈します。

 

  • 対人:仕事では顧客、委託先、上司や同僚。家庭では妻、子供、親、など
  • 対物:苦手なもの(満員電車の窮屈、騒音、悪臭、車の運転等)
  • 対出来事:大事なものの紛失、非難 等

 

 

己とはもちろん自分のことですが、自分の症状や性格と捉えてみましょう。

 <症状>

 

  • 起床時:ふらつき、頭痛、吐き気 等
  • 就業時:ふらつき、ほてり、動悸、眩しさ 等
  • 帰宅時:不眠、イライラ 等  

 

 <性格>

  • Good面:熱い、感謝されると心が躍る、責任感が強い 等
  • Bod面:気にしすぎ、人や事象に期待してイライラしやすい。等

 

彼(外部環境)と己(自分の症状や性格)との関係を自分なりに整理し、症状を悪化させずに治癒させるためにどういった考え方、アプローチをするかを定め、日々自己評価し、毎日のルーティンとしてまわしていけるのかが治癒への近道と考えています。

 

ご意見くださいませ。

 

ご参考

故事百選