全国元気塾 塾長のブログ

自律神経失調症を克服するまでの軌跡をお伝えします。

客観視による「イライラ」脱出

最近いつもそうなのだが、週末は早朝覚醒がひどい。おかげで、身体がつらい。。

こんなときイライラしやすくなっていないだろうか。私は疲労時よく以下のようなことでイライラする。最悪、自暴自棄になり、引きこもる。

 

・周りが騒がしいとき。人の食べる音が気になる。(直接的外環境起因)

・締りのない人や組織を目にしたとき。(間接的外環境起因)

・だれかに自分の意見や行動を否定されたとき。(直接的対人起因)

・メディアや政治等の悪態(間接的対人起因) 等

 

しかし、個々最近、成長している自分を感じる。もちろんイライラしているのであるが、『客観視』することで、イライラする温度を下げることができているのである。

環境的にイライラすることが多い方、以下お試しされてはいかがだろうか。

 

・近くの人にあえて「今日は調子が悪く、イライラしやすいよ。」と伝えておく。

・イライラがきた場合は、我慢することなく「イライラきたよ」という。