全国元気塾 塾長のブログ

自律神経失調症を克服するまでの軌跡をお伝えします。

自律神経失調症でも最前線で働く

f:id:zxcvbnmrcs:20170107085823j:plain

いよいよ2017年の業務がはじまりました。

自律神経失調症の症状により、毎朝頭痛とふらつきで機敏に動けません。また、業務中もスピードが求められたり、深い思考が求められると頭痛やめまいが強くなり、高度な業務ができません。

 

こんな私ですが、これまでの実績と業務工数の関係で、本日より、100%客先常駐になりました(10月から12月までは50%客先常駐)。

プレッシャー等のストレスで10月からストレス反応が強くなっており、正直、プロジェクトが完結する3月末まで身体を持たせる自信はありません。

 

でも、うまく周りの方々のリソースを使い、うまくやります。できることなら、症状を緩和させます。最悪、現状維持です。

 

症状を緩和させるために、3月末まで以下を取り組みます。日々状況を報告しますので、応援いただけるとうれしいです。

 

(1)主体的にリラックスする。

 ・有酸素運動を毎日取り入れます。

  ex) ランニング、卓球、ヨガ

 ・朝日を浴びる

  ex) ベランダで乾布摩擦

 

(2)挑戦的な業務でなく、安定業務や楽しい業務をやる。

 ・上長から深い思考、瞬発力が求められるが当該業務はリハビリ中なので、

  対応できない旨の宣言をする。

 ・楽しめる(イノベーティブな)業務をやる。

 ・計画的にできる業務をイノベーティブに楽しんでやる。

 

 

(3)身体に優しい生活をする。

 ・ノンカフェイン、ノンアルコール

 ・(中途覚醒が多いため)トータル8時間睡眠

 ・10時までに出社し、18時までに帰社する。

 

(4)上記取組みとその日の体調を自己分析し、明日へ繋げる。