全国元気塾 塾長のブログ

自律神経失調症を克服するまでの軌跡をお伝えします。

身体からのアラートを検知し、勇気を持ってストップすることができるか。

メンタル不調になる前(元気なときは)は、PMOとして、プロジェクトの管理業務を規定し、タスクを切り、各種台帳を作成の上、各種ステークホルダーと日々忙しく、調整しまくっていた。忙しいが、とてもやりがいがあった。


自律神経失調症になってから、身体に不調をきたし、現在に至るが、あの頃の頭の回転や集中力が著しく落ちている。

一方、そんな自分を客観視し、素直に身体からの不調のアラートをいち早く検知し、
業務調整ができるようになった。

今はこれを続けるしかない。僕の頭の回転や集中力は戻るのかどうか分からない。
回転力の低さや集中力が悪いなりに、パフォーマンスが出せる働き方をしていきたいと
思います。

パフォーマンスの戻し方なり、悪いなりにパフォーマンスを出す働き方について、ご意見いただけないでしょうか。

夢で自助会の元メンバーにつめられる

おはようございます。昨日多忙だったせいで、精神的余裕がなかったせいか、夢で随分理不尽につめられました。今日もボチボチ頑張ります。

 

f:id:zxcvbnmrcs:20170308125715p:image

 

休日前はいつも眠れない。

こんにちは😃

最近いつも金曜日の夜が眠れない。今回は精神的疲労があったので、リラックスランニングを夕方にした。11時に床についたが、結局4時まで眠れず、さらに起床は6時30分となかなかの不眠になってしまった。

 

休日前となると身体が油断するのか?

よくわからないです。

ちなみに次週金曜日はランニングとスーパー銭湯でしっかりリラックスしたいと考えています。

 推論でも良いので、助言頂きたいです。

 

 

f:id:zxcvbnmrcs:20170304164700p:image

脱力!ファシリテーション

こんにちは😃

昨日の不定愁訴(めまいとのぼせ及び気力喪失)がやや緩和したので、頑張って出社しました。

 

朝一から打ち合わせ そしてくだらない質問にイライラし、まためまいが強くなりました。僕の上司でもある後輩がファシリテーションしていたのですが、脱力して会議に臨んだようです。私は別ですが、参加されていた方は意外とリラックスして発言されていて、和んでいた気がします。みんなが発言しやすい場ってとてもいいです。

 

先日自助会のコミュニティが炎上しましたが、この時みんなで脱力していたら、炎上などしなかったんだろうなとハッとしました。

 

仕事でいい気づきを得れました。

今日は精神的疲労により欠勤

こんばんは

今日は起床時、不定愁訴による発熱とのぼせそして虚脱感が強く、大切な日でしたが、欠勤しました。精神的疲労が沢山残る身体です。明日の仕事が怖いです。

みなさんは朝の調子が悪い時、どうされますか?参考に聞かせて下さい。

身体のオーバーヒート(ぐったり、空虚等)は気分転換や休憩のサイン

仕事等において、新たなものを取り入れたりすると身体は緊張する。その際、通常の方はコレチゾールの働きでストレス緩和作用が働くが、我々自律神経失調症の人は、この作用がうまく機能せずに、ぐったりしたり、達成感が得られなかったり、イライラしたりする。

仕事も大切だが、自らの身体から発せられたアラートにきちんと耳を傾けてあげる必要がある。

 

今週はシステムリリースがあり、先週より、PMOとして通常の業務にあわせて、リリース作業のマネジメントが入り、負荷が高くなった。また、仕事が溢れたせいか、身体も余裕がなくなり、オーバヒート感が出ていた。

 

そんな最中、昨晩、以前から友人が私のためにとある方々と会うという企画があった。とても楽しみだったのだが、身体が完全にアラートをあげていた。

今回お会いした方々はコーチング等の組織や個人の醸成について、勉強されている方であり、感じたことを伝えれるような右脳モードで会話できた。

これが、もし左脳的会話だったら、本当にやばかったかもしれないが、右脳モードで話でき、脳疲労もやや回復できた。友人の企画及び皆様との出会いに感謝です。